無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
アフリカ奮闘記 〜22日目
 昨日、このエイズプロジェクトについてこの感想文を書いて欲しいと、紙が無かったので、色紙を渡していた。トゥマニー夫婦が裏表びっしりフランス語で書いてくれた。本当に嬉しい。俺たちの宝物にしようと思う。ファンタ(35歳)は字が書けないので、言葉でいいか?と言ってくれた。だから 〜OK〜 後姿を条件にビデオを撮った。
この人は、いつもうるさい、よく娘を叱る、よく喋る。だが・・・この病気で去年主人を亡くしたと言う。3歳の子供も同じ病気だ。何という悲しい家族だ。
ファンタは、この風呂に入って元気になったので、働こうと思うと言っている。その通りだ、ファンタ元気になればいいのだ。いつまでも子供たちのために長生きしてくれ。と、肩を叩いて握手をした。
エイズの人の悲しい心をまた見てしまった。何と言うヒドイ病気だ。何の罪も無い子供にまで・・・少し涙が出てきた、他人事ではない、いつか日本もこうなるんだ。

もう昼になる。2人は日本を出発して長旅が始まった。そう言えば思い出したぞ。飛行機の中で、高山の隣の若い日本女性がいた。バンコクに着く30分前に話し掛けてきた。なんでも、高山が東南アジア人に見えたらしく、日本人と仕事の話をしていると思ったらしい。高山が日本人とバレて話し掛けてきたのだ。俺たちの、アフリカでやろうとした事に大変感動したらしく、「日本人頑張れ」と言ってくれました。彼女も薬剤師で、西洋医学の薬に疑問を持ち、漢方系の勉強をするために、フランスに1年半行くと言う。日本人女性頑張っているゾ。
もう1人、フランスの地下鉄のチケットを買えない日本女性がいた。協力してチケットを買って乗った。話をしていると、エイズ国際ボランティアに落ちたらしく、再度アタックすると言うのだ。何と不思議な出会いだ。この人にもアフリカの話しをしたら、目を大きく開いて喜んでくれた。そして、「私もついて生きたい!!」と言った。エイズには、予防しかなく体を39℃以上温めると良い事を、この20代女性が知っていたのには、こちらが驚いた。ここにも頑張る日本女性がいた。
高山が夕食のメニューを聞いて来た。「そうだナ、ヤギ肉はやめてケーキ屋にしよう」と言った。高山がうまそうな焼き鳥の串を買ってきた事があった。食べるとシワくてカタイ・・・何とヤギの肉だったのだ。ヤキ肉とヤギ肉、似ているが大きな違いだ。毎日隣の家でメエメエと言っているぞ・・・。
イスラム今日はヤギを食べても豚は食べないのだそうだ。

トゥマニーが39.6℃を出した。足の怪我で抗生物質を飲んでいる時は体温が上がらない、飲まない方が良いと自分で言ってきた。なぜかその通りの結果になった。  
 医師アグーが突然来た。明日が最終血液検査日なのに早く来た、ギリギリまで待ってほしかったが、今は全員揃っているので仕方がない。検査のデータはすべて日本に持って帰る、それも1つの目的だ。いつか役に立つ時が来ることを信じている。本来、国がやらなければならない事を、いち民間人がしかもボランティアでしている。面白いではないか。結果はどうであれ、エイズの人たちに元気を出してもらったし、私は、チャレンジ出来た事に満足している。
| 元気酵素風呂 | アフリカ奮闘記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://kouso.jugem.jp/trackback/22